成功する人の条件は心理学で証明されていた?

Q:成功する人の条件とは?


結論

A:自制心を持つ人=セルフ・コントロールの力を持つもの。


ここでは成功する=人生の目標達成と定義して欲しい。

つまり、厳密に言うのなら「あなたが人生ににおいて、目標達成するための条件とは?」

ということになる。

この答えは、ある程度実験によって既に証明されている。
心理学の本を読んだことがある方なら分かるだろう。

1970年ウォルターミシェルという心理学者がおこなったマシュマロ・テストというもので、子供の自制心と社会的な成果を調査。詳しい内容はリンク先で確認して欲しいのだが、簡単に言うと「今目の前のマシュマロを1つ食べてもいい。その代わり、少しの時間我慢できたら2つのマシュマロを食べれるよ」というもの。その結果分かったことは、
将来の利益よりも目先の利益を優先した子が母数186人の3分の2の割合でいたこと。将来の利益を優先したのは全体の3分の1の割合しかいなかったということ。この子どもたちの調査のあと、数十年にわたって追跡調査したところ、驚くべきことが分かった。

驚くべきこととは、2個のマシュマロにありつけた人は社会的成功。つまり、肥満も少なく、自尊心が高く、目標達成力も高かったと証明されたこと。言い換えると、自制心の低い子は大人になるとテストの点が悪く、肥満で、自尊心も低いということ。

超ざっくり計算すると、100人の集団がいたら30人は成功の道を歩み、70人は成功とはいえない道を歩むということ。

皆はどちらのグループに入るだろうか?

この実験から成功するために必要なことは「自制心」だということが分かる。

お金、酒、女、タバコ、ファストフード、買い物。。。。

あげたらこの世界には誘惑がありすぎて書ききれない。
ふと、立ち止まって欲しい。今自分は本当に必要なもの、欲しいものを求める代わりに目先のくだらないことに意識を使っていないかを。先延ばしの気持ちもまさにこれ。ずるずると必要のないことに時間を奪われ結局成果物が雑になる。優先的に行うものは他にあるのだ。多くの大学生はこれにあてはまるだろう。(飲み会を優先し、課題を提出できないなど。)

自制心がないことで先延ばしをしてしまう。

該当者は、まずは、このような成功と自制心の大まかな関係を抑えるために以下を読むことを推奨「マシュマロテスト本」。(これを読むことで、客観的に自分を見ることができる。)次に、先延ばしをなぜするのか?では習慣化はどうすればいいの?というところ下段2冊を読もう。

【推薦書籍】


 

繰り返し行っている事が、
われわれ人間の本質である。

ゆえに優秀さとはひとつの行為ではなく、
習慣によって決まる。by アリストテレス

 

先延ばしをなくし、習慣化をして人生を豊かにしよう。

by popo

 

 

カテゴリー: 心理学, 自己啓発 タグ: , , パーマリンク